本は新しい物を読もう

管理人だ。今回からブログの方向性を変える。ブログ名も変えた。 これからは読者が賢く、器用になれる記事を書こう。と言ってもどう賢くどう器用になると言うと、IQが上がり物作りが上手くなる。出来ることが増えるような事だ。 ただし、勘を使って常に意図を察しろ。人へ配慮する優しさも怠るな。分かりやすく意図を書くし、必ず実践出来るよう優しく解説する。だが怠ける奴は来るな。努力する奴は読め。いいな? で…

続きを読む

努力は楽しんでやる物だと思う。

努力は辛い物。どこかでそう聞いただろう。誰だって楽したいものだし面倒だ。だが世間には努力を楽しむ遊びや趣味として捉え励んでいる者もいる。こういうのが努力家と言うのだ。どうしたらそう出来るのだろうか? 第一に、周囲の反応ではなく達成感を目的にしている。それなら周囲が気づかなくても自分で満足出来るからだ。目標が高いほど達成したときの喜びは大きくなる。努力を一つ進めることは喜びを一つ積み重ねる事…

続きを読む

人生は所詮ゲームと同じ快楽追及が目的だ

よく人生の目的について考える時、「人格の向上が大事だ」とか「他人に優しくすること」「社会に貢献すること」が一見正解に思えてくる。これは人間社会では大事なことだ。少なくともそれを果たす事は立派だし他人に言える聞こえの良い事だ。 だがこれらは全て裏を返せば「生きることに何らかのノルマを自分に課している」と言うことだ。そのノルマを達成できなければ人生失敗になってしまう。そんなの嫌だ。ノルマのある…

続きを読む

人生不幸があるから幸せがあると言われる理由

よく、自身の不幸を嘆くあまり「人生に一切不幸が無かったらいいのに」「一生幸せだったらなぁ」と悩む人がいる。それに対する返答は得てしてこうだ。「人生不幸があるから幸福もあるんだよ」と。なるほど。ありがちな言葉だ。 それに対してさらにこう返される。「そんなの嘘だ。幸福しかない人生がいいに決まってる!」と。これは誰もが思うだろう。毎月お金が入らない人生より沢山入る人生の方が良いに決まってる。だが…

続きを読む

僕が個人主義者である理由

僕は個人主義者だ。群れで囲んで人を攻撃する奴や他人と一緒じゃないとトイレにも入れない奴が嫌いだ。 だが世間一般では人と一緒に行動する人は良い人だとされる。僕の主義と社会の風潮は反しているが、それ自体には疑問はない。僕だって人といる時は楽しい。友達もちゃんといるし、家族とは上手くやっている。初対面の人とも喧嘩しないし、特に人間関係には今のところ問題はない。 だがそれでも僕は個人主義を貫…

続きを読む

SS「スズラン毒は魂を創る」

かわいい。スズランの女の子かわいい。 知る人ぞ知る隠れた名所のスズラン畑。ここは普段立ち入り禁止となっている。 スズラン毒が危険と言うことだが、実際は医療連中が薬剤物質を独り占めするためだ。 噂では毒殺に使うのではとも。 そこで侵入調査で真昼間堂々と入ってみた。これは合意調査で犯罪ではない。決して。 しかしとても綺麗な花畑だ。さまざまな虫や小鳥が毒で寄り付か…

続きを読む

スマホゲーって案外面白い

今日初めてスマホゲーをやった。 案外…面白い。 モンストをやったんだけどドキドキする。スマホゲーなんて課金しないとまともに遊べないと思っていたけど、いいね。 思えば、僕がゲームをやったのはいつ以来だろ。最近は東方でさえやってなかった。久しぶりに遊んだ。 僕は、全く遊んだことがなかった。2年間も。 娯楽といえばネットで動画やイラストを観賞するくらい。「遊ぶ」ということを忘れていた。 い…

続きを読む

勝つためには勝負を選べ。闘う場を変えろ。これは生存競争だ。

世の中には生まれついての勝ち組と負け組に別れている。これを単に強者、弱者と呼ぼう。 人同士が優越感を求めて弱者を嗤う時代、もう人と距離を取る競走勝負は止めた方がいい。弱者は必ず負け、強者がふんぞり返る結果が決まった比べ合いだ。誰もその人の個性を求めちゃいない。 今は人同士がテストの点や内申点。何でも優劣をつけている。誰が一番だの誰が美形だの生まれ育ちで決まった優秀さが幅を効かしている。誰が優…

続きを読む

好きな言葉は「弱者戦略」これを僕の座右の銘にしよう。

強者は戦略を立てる必要はない。殴り合いで勝てるからだ。対し弱者は戦略が必要だ。殴り合いで負けるからだ。ならどっちが勝つか?決まっている。戦略を必要とする弱者だ。殴り合いの戦闘より戦略が重要、どんな手を使ってでも生き延びた者が勝者だ。 そう、僕は弱者だ。天才でもなくイケメンでもなく金持ちでもなくマッチョでもない。人より結構背が高くて手が大きいぐらいしか美点がない。恥の多い人生の持ち主だ。少なくと…

続きを読む

感情を揺さぶることが他人から必要とされる強い方法

僕は考えた。人間、人と比較したら誰でも心が折れてしまうことに。例え優秀な美形でも世紀の天才には敵わない。そのうち自らの必要性すら疑ってしまう。 だけど更に考えた。人との比較ではなく、人の感情を揺さぶることが何も持たない個人の生きる方法だと。それは弱者こそが出来る生き方だと。 比較による優位性の誇示は強者が楽して行うことだ。座って動かなくても出来るが故に怠惰に走る。行動を止めすぐに飽きられるの…

続きを読む